LadyGaga,ガガ,マイケル・ジャクソン,パリス,プリンス,アンジェリーナ,ハリウッド,パフォーマンスなどをお伝えします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0411latoya.jpg

ラトーヤは現在地中海、マルタ島に滞在しています。

弟マイケル・ジャクソンに代わって受賞をするためでこの賞は「生涯功労賞」と名付けられています。
彼女は、マルタ島のハンドクリームの製品プロモーションの仕事としてもここを訪れています。

ラトーヤはインタビュー中、マイケルのこと、家族のこと、そしてマレー医師のことについて聞かれました。


●家族はマイケルの死についてどうとらえているか

「それは1年を迎えそうだけれども、本当に早い。
これは戦いです、そして、それは我々家族の…」


マイケルがいないという現実を認めるのは非常に難しい。そう彼はもう現実としてここにいません。それに関して私は独特に考えているの、「マイケルは生きてる」って振りをして、毎日過ごしているの」


「子供たちは、とても健康で元気でいる。毎日いとこたちと遊んだりして過ごしていることが傷を癒やす、そして大きな援助であると思う」


●マレー医師と裁判について

「マイケルの死はマレー医師に責任があると考えている、しかしそれは複数の人間が企むもので実行されたと思う」

(これについてマレー医師はマイケル自身がプロポフォールを注射し自殺したと、無罪を主張している)

「これは間違いなく陰謀、他の人たちも裁かれるべきことよ。医師コンラッド・マレーは、単に実行犯の役割の男だったと思う」


「マレー医師に対し、マイケルが最終的に、その投与された薬の服用を飲ませるよう指示した他の人々がいる」


キング・オブ・ポップのロンドンのO2アリーナで50回のコンサートの日程のリハーサルをしながら、50歳のマイケル・ジャクソンは、プロポフォール(強力な鎮静剤全身麻酔として使用される)の過剰摂取で死亡した。


●コンサートと収益について


「弟の死の背後に動機があった。この現象が発生した場合、マイケルは生きているというよりは死んだ方が価値があった。彼らが何を計画していたか自分たちで知っていた。彼らはまた、マイケルは50回の公演を行うことができないであろうと知っていた」…

現在新しいアルバムに取り組んでいる歌手ラトーヤは、マルタにて、彼女の弟マイケルに代わって生涯功労賞を受賞をしました。

海外芸能人←最新情報はコチラ♪

ソースはマルタnewkerala.com

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 最新!ハリウッドセレブトリビュート&ゴシップ専門 all rights reserved.
amazon
お気に入り
最新記事
カテゴリ
リンク
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
2290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歌手
207位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

kalin0215

Author:kalin0215
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム

無利息
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。